【ぶっちゃけ就職事情】30代からの未経験エンジニア就職は本当につらい?

これから未経験エンジニアとして就職したいけど年齢が心配…

という方へ向けて、実際に30代になってからエンジニアになった方々へのインタビューをもとに、「ぶっちゃけ就職事情」を解説します。

今回は20代後半、30代からの未経験エンジニア就職、についてです。

まずは結論

point

20代後半~30歳までであれば未経験エンジニア就職はカンタンです!

しかし、30代になると難易度はいっきにあがります。また40代以上はもっと苦労する、ということが事実としてあります。

まず20代後半の就職は基本的に問題ない!

私の会社でも27歳や29歳で未経験からエンジニアになった人はいて、いまでは立派にOSS活動をしつつ、エンジニアとしても成果を出しています。

さらに最近の就職事情としても、30歳未満であれば「その人の資質、スキル、経験」を真っ当に評価してもらえる、と思って間違いないです。つまり、年齢がマイナスポイントとなることはないということです。

でも年齢の割に未熟な場合は…

しかし、20代後半でそれなりに社会経験があるにもかかわらず、「社会人として未熟」である場合には大きくマイナス評価をされるのでご注意ください。

たとえば以下のような点です。

・まともにコミュニケーションがとれない
・身なりが清潔ではない
・仕事、会社に対する考え方が甘い

「そんなの余裕だよ!」と思っていても、転職経験がなかったりすると意外と自分が会社からどう思われているのか?に無自覚な場合があります。気をつけましょう。

もちろん上記のような点でマイナス評価をもらっても、それをカバーするくらいのプログラミングスキルや意欲、その他のスキルがあるのであれば問題ありません。自分を客観的に評価してもらえるような機会をつくりましょう。

30代の就職は基本的にマイナスから入る

30代以上で未経験エンジニアとして就職するのは「一般的には」難しいです。

肌感覚ですが、例えば28歳が内定率が10%だとすれば、35歳では3,4%程度ではないでしょうか。

その要因としてはいくつかあります。

・20代のメンバーに比べて伸びしろが少ないと思われる
・希望給与に見合った働きが期待できない
・若いメンバー、組織にフィットしない

 

20代のメンバーに比べて、伸びしろが少ないと評価されがちです。それは様々な要因がありますが、この点に対しては「事前のしっかりとしたスキル獲得」が重要になります。

ポートフォリオをいくつも作成してもっていったり、AtCoderでのスコアを伸ばしたり、目に見えてあなたのスキルが申し分ないということをアピールできるものを準備するといいです。

また、30代になると個人としても会社に求める給与水準が高くなります。それは家族がいたり、前職の給与との兼ね合いなど様々な理由からです。しかし、企業としては一未経験エンジニアに対して、必要以上の給与を払うことはできないため、その点で給与のミスマッチが発生します。

そして、最後にこれはWEB系やスタートアップに多くあるのですが、既存メンバーが20代中盤ばかりで、組織にフィットしない可能性があるという点です。

30代の未経験エンジニア転職で大事なポイント!

30代以降でもきちんと評価されるために、しっかりと事前準備・学習をしてから転職活動に臨みましょう。大事なポイントは以下のとおりです。

・ポートフォリオは最低1つ作って用意する
https://startgeeks.jp/engineer-job/portfolio-point

・WEB開発のトレンド技術をしっかりおさえる

・企業の視点にたって自己アピールをする

・素直な姿勢を見せる

 

もちろんこれらはすべて必須というわけではありません。ただし、これらをやることで内定率はぐっと上がるはずです。もしいま就職活動で悩んでいるのなら、これらを徹底して実行してみましょう!

これは20代でも言えることですが、自分の実力を証明するためのポートフォリオは1つあったほうがいいです。なるべくならプログラミングスクールでつくった課題以外に自分個人で完成させられるものが望ましいです。

それを作る際には、なるべく自分が進みたい分野や企業のトレンド技術を抑えるといいと思います。具体的には、スタートアップでアプリ開発をしたいのならSwiftやKotlin、React Nativeなどが今後のトレンドと言われます。しかし、そこでPHPやJavaを重敵的に学ぶのは非効率な場合があります。

もちろんトレンドに沿った技術以外も重要です。PHPやJavaなどで設計思考、プログラミングの基礎を学ぶというのはとても大事です。

しかし、ポートフォリオの作成においてはアウトプットが全てなので、目標・ゴールに向かって最短でいける道を採るほうが結局近道である場合が多いと感じています。

そして一番大事なことが、企業側の視点に立って、素直な姿勢で面接に望むことです。とくにWeb系の会社だと上司が20代半ばだったりすることもあるようです。社会人経験が長いとそういうケースに対して嫌悪感を抱くことがありますが、基本的には素直に謙虚であることが大事です。

就職までの王道ステップはこちら

30代未経験エンジニア就職を目指すのであれば以下のステップが最適だと考えています。

・最初に自分の強み、今後やりたいことをまとめて道筋を明確化する
・まずは独学で100~200時間勉強をしてみる
・独学の結果、プログラミングが楽しい!となれば継続する。楽しくなければ辞める!
・時間とコストをかけてもいいならプログラミングスクールに通う
・並行して勉強会やもくもく会に参加して、エンジニアコミュニティで意見収集する
・ポートフォリオとなるミニサービスを1つ作る
・転職サイトやプログラミングスクールの転職サポートを利用して就職する

正直ここまでやれる人なら就職は楽勝、と言っていいと思います。特にエンジニアコミュニティに参加することが一番大事だと思っています。生の現場の意見を聞くことができますし、何より自分がやりたいことが段々と明確になっていきます。また、もしかしたらそこから企業を紹介してもらえる可能性もあります。

勉強会やもくもく会はTwitterで募集している方が多いので、随時チェックしてみるのがいいと思います。

そして、プログラミングスクールや転職サイトの利用はある程度の時間とお金をかけられるのであればオススメです。もしいまある程度プログラミングの経験があるなら、転職サイトに登録して数社面接をしてみることで、自分の実力がどの程度通用するのか確認することができます。

まだ技術力が足りないな…と思っているなら、プログラミングスクールへ通うか、あるいは独学で頑張り続けるかしかありません。技術力がなくても入れる会社はありますが、オススメしません。あまり良い環境ではないからです。ちゃんと正当に技術力と伸びしろを評価してもらえるいい職場を目指しましょう。

最後に、いま人気のプログラミングスクールと転職サイトはコチラを参考にしてみてください!

 

人気記事【未経験あり】いまWEBエンジニアに人気転職サイト4選

人気記事【2019年最新版】Twitterで評価の高いスクール5選