エンジニアの年収は450万円が当たり前?リアルな給与事情とは

dirrent-image

これからエンジニアになりたいけど、年収って実際どれくらいなの…?

現役エンジニアの観点から、日本のエンジニアの年収やリアルな給与事情、さらに転職市場まで含めて解説します。

 

この記事のポイント

エンジニアの平均年収は約450万円。さらにフリーランスになれば、方法次第で年収1,000万円も可能に?さらにスキル次第で転職のたびに給与アップが見込める!

 

正直エンジニアという仕事は他の職種に比べても年収が「上がりやすい」と思っています。もちろんスキルや技術、経歴があればの話です。日本ではいまエンジニアの人材不足が深刻化しており、それに比例して給与も若干ではありますがあがっている上京です。

 

エンジニアにこれからなるのであれば、いまがチャンスですね。むしろこれからエンジニアが不要になる時代も近づき、さらに若くて才能あるエンジニアがどんどん育っていくので、競争率が高くなっていきます。早いうちからプログラミングスキルを身につけておくことをオススメします。

 

【結論】エンジニアの年収目安表

key-points-image
職種年収目安
SIer(中小企業)20代 350万円 / 30代 450万円 / 40代 600万円
SES20代 330万円 / 30代 400万円 / 40代 480万円
プログラマー(中小企業)20代 300万円 / 30代 400万円 / 40代 480万円
プログラマー(スタートアップ)20代 250万円 / 30代 300万円 / 40代 400万円
テスター20代 300万円 / 30代 400万円 / 40代 480万円

 

こちらはエンジニアの世代別年収目安です。同じ企業で数年勤めればどの職種もそれなりに給与アップしますが、エンジニアの仕事内容や企業規模によってまちまちなのがわかると思います。比較的大手企業や同じくらいの中小企業をクライアントに持つSIerは事業の利益性からしても比較的年収が高いです。しかし、プログラマーとしてコードを書くことができるかどうかは微妙ですね…。

 

「エンジニアになりたい = コードを書きたい」ということであれば、SIerやテスターはやめたほうがいいです。確かにたまにコードを書く機会があったりしますが、ほとんどの時間Excelや資料に向かい合っています。一方、あまり人気のないSESではコードを書く機会が多いですが、「案件ガチャ」と呼ばれるように、現場によってそれも異なります。最初のうちはテスター案件などが多いかもしれませんが、スキルを身につければコードをガンガン書いていく現場にまわしてもらえる可能性も高まります。

 

エンジニアは給与が高いは嘘!?

chatting-image

エンジニアってお給料いいんでしょ?

と思われますが、実際そんなことありません。特に20代で未経験からはいった場合、いきなり4,500万円もらえるケースは稀です。むしろ最初は300万円前後でもいい環境でスキルを磨くことをオススメします。その理由は3つです。

 

  1. スキルに応じて年収アップが望めるので、最初はとにかくスキルアップができる会社を選んだほうがいいため
  2. 給与が高くても環境がブラックな会社が多いため
  3. エンジニアは転職市場でも売り手市場(転職しやすい)のため

 

エンジニアは給与が高い、というよりも他の職種に比べると努力と工夫で給与はどんどん上がっていく仕事です。特にいまの日本はエンジニア不足と言われており、転職市場においても売り手市場です。スキルを身につけて、転職すればそのたびに+50, 100万円と年収がアップできるため、若いうちにいい環境でスキルを身につけたほうがいいと言われています。

 

たまに年収がいい求人を見つけて「お!」と思って中身をみると、Java、COBOLなどいわゆる「レガシー」な技術を使っていて残念な気持ちになります。レガシー技術で作られたシステムが日本にはまだたくさん残っており、その保守の人員が足りていない現場がたくさんあります。そういった会社、現場は中小企業、大手企業をクライアントとしている場合もあり、比較的お給料が良いです。それに釣られて(?)スクールから転職してしまうひとをよく見かけますが、数ヶ月でドロップアウトすることが多いですね。

 

未経験エンジニアの最初の会社の相場は?

letter-image

未経験からエンジニアになりたいんだけど、お給料ってどれくらい?

だいたい基本給ベースの年収で240~360万円が相場で、それ以上の会社もありますが5%くらいだと思います。ベンチャーから中小企業が99%で、大企業でエンジニアを未経験から取ることは殆どありません。大企業の子会社やグループ会社だとありますが、本社でということはかなり稀です。

 

ベンチャーの場合でも利益性が高い事業の場合は未経験でも初年度から300万円以上もらえるケースは多いので、希望する会社や業種を見極めましょう。Wantedlyだと給与が記載されていないので、「面談したけど年収低かった…」みたいな残念なケースがよくあります。

 

人気記事ズルい!と思われる未経験エンジニアの戦略

 

どうやったら給与が高い会社にいける?

list-image

未経験エンジニアでも初年度から高い給与をもらえるパターンがいくつかあります。

 

  • 前職のスキルや経歴が高く評価される場合
  • 年齢が若く、大学や高校での勉強内容が技術的である場合
  • 独学でも十分技術力があり、ポテンシャルを評価される場合

 

いや、そんなん無理やろ?!

 

と思われるかもしれませんが、独学で技術力を高めることは無理ではありません。時間をかけなくても戦略的に学習する分野、技術を選定することが重要です。プログラミング学習者ははじめHTMLやCSSから勉強を始めると思いますが、それらに何十時間もかけるのは無駄が多いのでやめましょう。また、JavaScriptやRubyなどプログラミング言語自体の勉強はある程度「読める」くらいの段階で十分です。まずは書いてアウトプットを出すことに専念しましょう。

 

未経験エンジニアからはじめの会社に入るために重要なことは説明しました。続いては、そのあとどうやったら年収アップを目指せるか?です。パターンはいくつかありますが、現実的には以下の3つです。

 

  • 技術を磨いて高待遇の会社に転職する
  • フリーランスエンジニアとして高単価案件を獲得する
  • 自分で会社、事業を立ち上げる

 

起業といってもエンジニア派遣事業や、オフショア開発などエンジニアリングに近いかたちでの事業なら比較的初期コストを安く始めることができます。最近では海外でも単価が上がっていると聞きますが、一時期は日本で1,000万円の案件をとったら、海外で5名合計500万円で開発してもらうことで、粗利500万円などということがよくあったそうです。

 

フリーランスは2019年現在、バブルといえるほど単価があがっています。これがしばらくは続くと思われます。日本国内での人材枯渇の状況が続くことと、人材の流動性は今後もさらに上がっていくと思われるからです。フリーランスの場合、年収1,000万円も可能ですが、諸々のコストや年金などを考えると妥当だったりします。そのあたりは以下の記事で詳しく説明しています。

フリーランスの収入は1/3して考えるべき3つの理由

2019年4月21日

 

最後に

高年収エンジニアを目指すためには技術力はもちろんのこと、どんな環境に身をおくか?が大事です。はじめからアウトプット、結果を求められる環境にはいるためには、未経験の段階ではスクール選び、就職エージェント選びがとても大事です。

 

人気記事【未経験あり】いまWEBエンジニアに人気転職サイト4選

 

人気記事【2019年最新版】Twitterで評価の高いスクール5選