【年収+100万円】収入アップを目指すエンジニア転職術

年収アップを目指して転職したい…

とお悩みの方へ、実際に転職を経て年収が100~150万円アップしたエンジニアの方へインタビューさせていただき、
年収アップを目指す転職術についてお伺いしました。

年収アップを目指すためのポイント

this-is-point
  • 利益率が高い企業を調査する
  • 勉強会、カンファレンスなどで人経由で探す
  • これから評価されるスキルを身につける
  • スキル、能力を可視化する
  • 自分のスキル、経歴を棚卸する

年収アップを目指すのであれば、当たり前ですが給与が高い企業に入る必要があります。そのためにはターゲットとなる企業を調べること、そしてその企業が欲しくなるような人材になる、そして採用してもらえるようにアピールすることが大事です。

エンジニアの中には自分をアピールすることが苦手な人、ビジネス的視点が欠如したひとがいますが、年収アップを目指すのであれば改善すべきです。

また、実際とは乖離した姿を過剰にアピールすることも非常に危険です。それは入社後に求められる仕事と、あなたができる仕事に大きなギャップがある状態になればその分プレッシャーになります。。いくら年収があがってもストレスの多い環境にいつづけるのはイヤですよね?

なので、今回は「等身大+αをアピールして、年収アップを目指す」ということを前提にお話しします。

利益率が高い企業を探す

check-image

 

 

最初に大事なことは会社のビジネスモデル、利益率についてです。

 

 

 

 

当たり前ですが、その会社が生み出す利益が低ければ従業員へ支払う給与には限界があります。有名な例でいえばキーエンスという会社では、平均年収が1,000万円overと非常に高水準です。その理由はキーエンスが高い技術力と、高い営業力で利益を上げ続けているからです。

エンジニアにおいてもその会社のビジネスモデル、利益を意識することは重要です。いくら環境がよくても、人が良くても、利益があがらない、低減傾向にあれば事業は悪化する一方です。

利益率が高い企業の探し方

エンジニアが関わる会社において、「一般的に利益率が高いビジネスモデル」というものがあります。

有名な例でいえば、SES(エンジニア派遣)は利益率が高いです。在庫を持たず、人件費+αが原価になります。さらにエンジニア派遣に対する需要も今後しばらくは減ることはないので、お客様(クライアント、派遣先)に困ることもありません。

さらに、SaaSモデルのサービスを提供している会社も同様です。ランニングで売上があがる、かつ顧客が法人の場合が多いので、toCのビジネスに比べて収益が安定しています。

このように利益率の高いビジネスモデル、そして自分が希望する業界をピックアップします。そのうえで、転職エージェントや転職サイトで調べてみましょう。

ググって調べるのでもいいですが、様々な情報がヒットしてしまうので、年収だけに絞って探すのであれば転職サイトで直接調べた方が効率的です。

 

人気記事【未経験あり】いまWEBエンジニアに人気転職サイト4選

 

勉強会、カンファレンスなどで人経由で探す

interview-image

ただし、Web上には載らない優良企業も多くあります。その場合はやはり人づてで聞いていくのが良いでしょう。

エンジニア同士のネットワークを築くためにも、勉強会やカンファレンスの懇親会などで積極的に話しかけていきましょう。ただし、いきなり転職相談すると怪しいやつと思われるので、そこは慎重に…。

しかし注意したいのは、「XXっていう企業が良いよ!」と勧められても、あなたにマッチするかどうかは別問題です。給与面はもちろん、環境、求められるスキルなど幅広い観点で企業を見定める必要があります。

勉強会はCompassというサイトで定期的に興味のある勉強会を探すのがオススメです。カンファレンスは習得技術、言語に関する大きいものが年2,3個開催されると思うので、それらをチェックしておけば大丈夫です。Ruby on RailsだとRuby会議とか、Rails DMとかですね。

 

これから評価されるスキルを身につける

chatter-image

次は事業者側の視点にたって考えます。

前提ですが、年収が高い企業はそれなりに競争倍率も高い傾向にあります。応募すれば誰でも受かるような企業はむしろあぶない企業です。笑

競争倍率の高い企業の採用をパスするためには、当たり前ですが事業者側から高い評価を得る必要があります。

そのために大事なことは、「これから評価されるスキル」を身につけることです。技術には流行り廃りがあるので、レガシーな環境にずっと身を置いていると、自分が身につけたスキルが一般的にどう評価されるか分からなくなってしまう場合があります。。

 

今後2,3年単位でみたときに、需要が高まるであろう言語や技術分野に集中的に時間を投下したほうがいいです。最近で言えば、AWS、k8sなどのインフラサービスが一般的になりつつあります。これらを使えるスキルは評価が高くなる傾向にあります。また、言語においてもTypeScriptはJavaScriptを補完するかたちで採用企業が増えています。

 

このように、今後どんなスキルが求められるか?ということを考えたうえで、身につけるスキルを選んだ方が年収アップできる可能性が高くなります。

 

スキル、能力を可視化する

programming-image

ある程度スキルや能力が高いと自負していても、それが他人からみたときに「分かる状態」になければあまり意味がありません。大事なことは、あなたのスキルが可視化されていて、もっと良いのはそれが客観的に評価できる状態になっていることです。

わかりやすい例でいえば、「数学が得意」ということをただアピールするだけの人と、「全国模試で1位になった経験がある」という可視化され、客観的に評価できる指標がある人とでは後者のほうが圧倒的に魅力に見えます。

 

もしあなたが「大規模アプリケーション開発に強みがある」のであれば、

・どんな技術を使ったか?
・どのような利益、メリットを事業にもたらしたか?(具体的に)
・個人開発などでコードが見られるか?

などを準備しておくといいでしょう。もし足りないものがあれば、いまからそれを用意して、Githubなどにコードをあげておくだけでも評価が違います。

 

自分のスキル、経歴を棚卸する

compare-image

これは補足的な話ですが、継続的に年収アップを目指すのであれば、自分のスキルや経歴を定期的に棚卸することをオススメします。

エンジニアという仕事は選ぶ企業、環境によって身につくスキルが左右されやすいですが、だからこそ半年に一度自分がどんなことを身につけたのか?できるようになったのか?どの程度できるのようになったのか?を文字に起こしてみるといいです。

ぼんやりと(XXができるようになっているなあ〜)と思うだけだと、足りないところや、むしろ本当はもっと評価されるべき点が見落とされがちです。

可能であれば、その棚卸したスキルや経歴を他人に評価してもらって、今後伸ばすべき点を指摘してもらう機会を作った方がいいと思います。

 

エンジニア転職は等身大+αのところを目指すべき

up-image

 

「転職時に過剰に自分をアピールしないほうがいい」と言いましたが、3割増しくらいでアピールする、そしてそれがマッチする環境に身をおくべきです。

 

自分ができること、やったことがある技術ばかりの環境ではストレスは少なくなりますが、スキルの伸びしろが少なくなります。それが長く続けば続くほど、取り返しがつかないことになります。

1年に何回も転職するのはデメリットしかないですが、1,2年に一度自分のスキルを見直して、チャレンジングな環境を目指してみましょう。

転職エージェントに相談するのもいいですし、Wantedlyなどでカジュアル面談をいくつかしてみるのでも良いと思います。まずは足を動かして自分を客観的に評価してもらいましょう!

 

人気記事【未経験あり】いまWEBエンジニアに人気転職サイト4選

 

人気記事【2019年最新版】Twitterで評価の高いスクール5選