エンジニアは儲かる?未経験でも早く稼ぐ方法

先日、本ブログメディア編集チームの aoiさん (@aoirubygirl) がこんなツイートをして様々なコメントをいただいていました。

確かに、未経験からエンジニアに転職してもいきなり稼げるわけではありません。

おおよその場合、月収20万円~25万円程度が転職1社めの相場と言われています。もしそれ以上にもらえる会社だとしても、SIerやSESなど「レガシーな環境」であることが多いのが現状です。

なぜいきなり新人が高い月収がもらえるか、を考えればその理屈は理解いただけると思います。

早く稼ぎたいんだ!という方へ

もしエンジニアになりたい理由が「早く稼ぐ」ことであるなら、WEBサイト制作のスキルを身につけることが最短ルートです。

なぜなら、WEB制作は利益を生むまでのスパンが短い、つまり比較的カンタンに稼ぐことができる分野だからです。ただし、一方でもちろんデメリットもあります。そういった部分も含めて詳しくご説明していきます。

ちなみに、今回は詳しく説明しませんが、WEBアプリの開発などを行うエンジニアのスキルとWEB制作のスキルは異なるので注意してください!

よくある間違いが、「エンジニアになるためにWEB制作を頑張る!」という視点です。

もちろん、HTMLやCSS,jQueryの扱いなど基本的な部分では共通です。しかし、WEBアプリ開発の多くはチームで行います。ドメイン設計やツール、インフラの選定など視点が異なります。

WEBエンジニアとWEB制作のスキルは違う!
  • WEB制作ではHTMLやCSS、jQueryなどを用いてWEBサイト制作を行う。個人が多い。
  • WEBアプリケーション開発はフロント、サーバ、インフラなどをチームで分担して行う

早く稼ぐならWEB制作の仕事がいい理由

まず、ここで言うWEB制作の仕事の定義はこちらです。

WEB制作のお仕事の定義
WEBサイトやLP(ランディングページ)、Wordpressでのデザインやコーディング

そのために必要となる言語や技術をまとめると…

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript(jQuery)
  • PHP
  • WordPress
  • MySQL

これらを用いて静的WEBサイトを制作することは、サービス開発に従事するよりも習得期間は比較的短いです。つまり初心者にとって易しい分野であるといえます。

実際に以前勉強会で出会った未経験エンジニアさんは、学習2ヶ月目で案件受注して約10万円ほどの収益をあげていました。その仕事を時給換算すると2,500円!コンビニバイトの倍以上とは美味しい仕事です。

実際に「Lancers」というクラウドソーシングサイトでの依頼参考価格をみてみましょう。

(引用:お仕事の種類・参考価格| ランサーズ より)

Webサイトデザインで5万円/1ページとなっていますね。

ひとつのWebサイトで平均しても4ページとしても、1案件で20万円です。要件にもよるところがありますが、僕がWEB制作を請け負っていたときは平均して10日(7,80時間)ほどで完成する内容が多いです。

もしこういった案件を月に2,3件獲得・受注できれば、月収4-60万円を目指すことも可能なのがWEBサイト制作です。

僕の周りの方を例にすれば、フリーランスとしてWEB制作を請け負っている方の平均月収は30-40万円程度です。

それでも実稼働時間は月でも100時間程度なので、普通に働くよりだいぶ割が良い仕事だと思います。

でも需要は本当にあるの?

2019年現在、需要は間違いなくあります。

その理由はここ5年間で個人・法人のお客様の環境が変わったからです。

ここでいうお客様とは、WEB制作を依頼する「クライアント」の「お客様」です。依頼する会社や個人事業主が相手にするお客様の多くとの接点は電話やメール、PCdウェブサイトでした。

ですが、スマートフォンの浸透によってお客様の多くはスマートフォンからの検索になりました。

それだけではありません。

比較的安価でWEB広告、SNS広告など幅広い選択肢を検討することができるようになっています。その広告のためのLP(ランディングページ)を制作するクライアントも増えるでしょう。

実際に2018年の秋にフリーランスとしてWEB制作の案件を探したときにも1週間で2件ほどの案件獲得をすることができました。また一緒に働いていた3ヶ月目の新人の子もスムーズに案件がとれていた印象です。

方法とポイントさえ間違えなければ、WEB制作の仕事はしばらくは続けられると考えています。

どうやって案件を見つけるの?

これからエンジニアになる方、フリーランスを目指される方で一番の悩みはココでしょう。

まずはじめに僕はクラウドソーシングでの案件探しをメインにすることをオススメしません。

その理由はクラウドソーシングはレッドオーシャンになりつつあるからです。

業界経験が何年もある、複数人のチームで案件をとりにくる、そもそも案件の質が低い、など理由を挙げればきりがありません。実際に上で説明したフリーランスエンジニアの方はクラウドソーシングでは2ヶ月に1件程度の受注頻度でした。

では、どうするかというと3つの方法があります。

知り合い、友人から案件を獲得する

一見簡単そうですが、一番難しかったりします。

「友人だから安くしてよ〜」こんなことを言われたり、いきなり案件がドタキャンになったり、そもそも友人に営業するのが恥ずかしい…など。

ですが、知り合いに自分がいまやっていることを伝え、ポートフォリオを見せてきちんとお客様になってもらう経験はとても重要です。

それでも、やっぱり知り合い経由での受注割合はおよそ2割くらいと思いましょう。

自分で営業をかける

これがメインの方法です。

営業をかける相手は「Web制作会社」や「お店などの直顧客」です。

これからWEBサイトを作りたい、あるいはWEB制作の人員が不足しているという課題に対して、自ら営業をかけることが、案件獲得の秘訣です。

このあたりに関しては以下の記事で詳しく説明しています。時間のあるときに読んでください。

(リンク)WEB制作フリーランスの案件獲得事例

発信力を身につけてインバウンドを増やす

ここ1年ほどでTwitterでの発信力が非常に重要になっています。

多くのフリーランスエンジニアの方がTwitterで日々情報発信をしています。さらに、サロンや勉強会などで見聞と人脈を広げることで、案件を紹介されるということが多くみられます。

まずはTwitterで情報発信をしつつ、フリーランスエンジニアとしての地位を確立することにも注力していきましょう。

案件受注までのスキルを身につけるには

稼げる、と言ってももちろんきちんとクライアントの納品するためのスキルは大前提です。

しかし、まだそのような経験がなく不安という方は多いのではないでしょうか。

そんな方へ向けて、「WEB制作で稼げるスキル」を身につける方法をまとめました。

基礎はProgate一択!

これからプログラミングを始める、という方は上で述べた言語や技術を身につけるには「Progate」が最適です。

いくつかのコースが用意されており、そのほとんどを無料で学習することができます。

さらに、演習コースも月額980円で受講することができます。まずはこちらで基礎を身につけましょう。

演習はUdemy

ある程度コードが書けるようになったらすぐ演習に移りましょう。

Progateを何周もしてレベルを上げてを繰り返すのははっきり言ってムダです!受験勉強ではないので、知識を覚えることがゴールではありません。

知識に多少の不安があっても、演習、実際の制作を数こなすことで断然スキルが上がります。

演習に関してはUdemyが最適です。こちらも様々なコースを受講することができます。

30-40時間ほどの演習ビデオを視聴して、手元で実際に10つ程度のWEBサイト制作を進めることができます。

通常時は1演習あたり24,000円ほどかかりますが、頻繁に最大90%OFFセールをやっていますのでこまめにチェックしておトクに受けるようにしましょう!

仕上げはプログラミングスクール

もしここまでで自分の技術に不安があれば、プログラミングスクールを受講してみましょう。

コードの書き方や、デザイン、ビジネスマナーなどを学ぶことができます。わからないことをスクールの先生に聞いて不安をなくしましょう。

WEBサイト制作に関するプログラミングスクールとしてはWEB CAMP ONLINE がオススメです。オンラインなので全国どこからでもすぐに受講開始できます。

まとめ

もしいまアルバイトをしていて、時給1,000円で働いているのなら、今すぐ辞めましょう。いくら頑張っても基本的に時給はあがりませんよね。

みなさんのスキルや努力、工夫次第で自分の時給をあげることができるのがプログラミングです。

その中でも「早く稼げる」WEBサイト制作のスキルを身につけることは、決して難しくはありません。フリーランスとして稼ぐ経験を早いうちから身につけましょう!

人気記事【未経験あり】いまWEBエンジニアに人気転職サイト4選

人気記事【2019年最新版】Twitterで評価の高いスクール5選