一部上場ブラック企業を3ヶ月で辞めてエンジニアになった体験談

いまから約1年半前に私が入社した会社はいわゆる「ブラック企業」でした。ほぼ毎日終電で帰り、ストレスも多い環境を抜け出して、エンジニアになろうとした経緯や、転職活動やプログラミング学習などなど。同じような環境の人に向けて書いていきたいと思います。

 

この記事で伝えたいことは以下の三点です。

  • いまの環境が辛ければ、新しいことにいますぐにチャレンジしたほうがいい
  • プログラミング学習は追い込んだ方が習得スピードが早い
  • エンジニア転職は早いうちから準備したほうがいい

 

1週間で同期1/4が辞めていた

coution-image

はじめの会社は一部上場のそれなりに大きい企業でした。営業さんをアシストするような仕事で、同期も数十人いたので、はじめはワクワクしながら仕事に臨みました。

最初に異変を感じたのは入社オリエンテーションが終わった翌日の研修でした。そこで始まったのは大声で挨拶や自己紹介をするというものでした…。詳細は省きますが、当時のわたしは(これが大企業っていうものなのかな…?)と思いながらも、少し不安を覚えはじめていました。

 

3週間後に部署に正式に配属になった日。最初は仕事を覚えながらゆっくりやろう〜と思っていたのですが、課されたタスクの量が異常に多く、初日から終電帰りだったのを覚えています。その翌日も終電近くまで仕事、その翌週も同様でした。驚いたのは仕事量だけでなく、上長の部下に対する怒号もフロア中に響き渡っているにも関わらず、先輩方はなに食わぬ顔でPCに向き合っていました。

 

そして、後々聞いたところによると、その部署配属になった1週間後に同期の1/4が辞めていたそうです…。

 

さすがにヤバい!脱出計画を企てる

2ヶ月も経つとさすがに精神的にも辛くなっていました。早く辞めたい、けど辞めてどうする?を1日何十回と繰り返していました。きっとブラック企業を辞められないひとの気持ちってこんなんなんだろうなあと思いながら、毎日終電まで働いていました。

 

そんな環境から抜け出すきっかけをくれたのはProgateでした。幸運なことにエンジニアの仕事をしていた友人がいて、(プログラミング?なにそれ?)みたいな状態の私は彼にProgateというサービスを教えてもらいました。

 

無料でぽちぽちやるだけで学習できるんだ〜簡単そう〜と思いながら、仕事中に上長の目を盗んでは触ってみました。最初は四則演算くらいしかわからなかったのが、段々とできることが増えていき、Progateの全てのコースを完走するくらいにまでなりました。

 

最初はProgate完走2周すればOK

いまでも周りに話していますが、Progateはとても素晴らしいサービスだと思っています!ですが、Progateにはまりすぎてレベル上げに執着してしまうことには反対です。コースを2周程度すれば十分です。

 

プログラミング学習で大事なことは、「わからないことを調べながら理解し、モノをつくりあげること」だと思います。そのため、Progateではインプットはできても、自分がいざサービスをつくろう!と思ったときに一歩が踏み出せないのが現状です。そのためUdemyやドットインストールをアウトプットのためのツールとして使っていく、というのが最初のうちは効率的な学習方法だと思っています。

 

本格的にプログラミングを学び始めた…けど

study-image

とはいっても、私もProgateを何周もしては(ふう〜プログラミング勉強した〜!)みたいなあまり意味のない達成感に浸っていた人の一人です。大事なアウトプットを一切しないまま1ヶ月ほどが過ぎていました。

 

そんななか、とあるもくもく会(=勉強する人が集まる会)に参加したとき。周りにいる同年代くらいの方々の習熟度に驚きました。自ら環境構築して、Webサービスをつくっていたのです。なかには完全独学でスマホアプリを作ってリリースし、広告収益をあげている方までいらっしゃいました。

 

学習者の平均レベルは年々あがっている

私が1年前に感じたよりも、今のほうがプログラミング学習者の平均的な技術レベルはもっと高くなっているように感じます。独学で始めて2,3ヶ月でHerokuにWebアプリケーションをデプロイして、Twitter認証でログインできて、CRUD機能がついたミニサービスをつくりあげた人もいます。

 

もちろん全員がそのレベルに至っているとは思いません。それでも年々プログラミング学習者のレベルはあがっています。なので現役エンジニアの私でさえ危機感を覚えながら日々勉強しつつ、スキルを磨いている最中です。

 

プログラミング学習のコミュニティに参加

話は戻って、プログラミング学習者のコミュニティに参加できたことは、視野を広げるという意味でとても良かったと思っています。どんな言語が流行っているのか?◯◯を作りたいけど、どうすればいいのか?みんなどうやって勉強しているのか?など、一人では知りえなかったことを聞くことができたのは、そうしたコミュニティに入れたからだと思っています。

 

Ruby界隈でいえば、ginza.rbやasakusa.rbなど地域ごとにRubyコミュニティが存在します。compassなどの勉強会イベントキュレーションサービスを見てみるとほぼ毎週そのような勉強会がどこかで開催されています。初心者から中級者まで幅広いひとが参加しているので、プログラミング学習に行き詰まったら参加してみるのもアリだと思います。

 

プログラミングスクールに参加!

roadmap-image

勉強会で視野が広がったのはいいのですが、やはり一人で勉強するのには時間がないなかモチベーションをあげるのが大変でした。仕事が落ち着いた時期でさえ、帰りが22:00ごろになったりするので、家に帰ってお風呂はいってすぐベッドみたいな生活のなかで、1~2時間の勉強時間を確保するのは当時の私にとっては難しいことでした。ならばいっそプログラミングスクールに参加して、いっそエンジニア就職を目指そう!と思い立ちました。転職できるかどうかは分からないけど、いまのままずるずると続けていては時間がもったいないと思ったからです。

 

プログラミングスクールを選ぶといっても正確な口コミや評判がないので、とりあえず友人のエンジニアに聞いてみて、勧められた3つのスクールの説明会に参加しました。複数のスクールの説明会に参加する人はあまりいないらしく、色々と質問ぜめしすぎて苦笑されたのを覚えています…。笑

 

もしいまの環境が苦しくて、勉強する時間がとれないのであればいっそ仕事を休んだり、土日だけでもプログラミングスクールに行くことに私は賛成です。スキマ時間で勉強するよりもまとまって頭に入れた方が効率的に習得できると思います。英語とは違って、単語や文法単体を覚えてもあまり意味がないので、体系だってプロに教えてもらう方が後々正しいかたちで知識が定着するといまになって思います。

 

プログラミングスクールで”友達をつくらない”

一部のプログラミングスクールでは教室で2,30名が一緒にカリキュラムを進めたりしますが、お金や時間をかけている以上「仲良く勉強」みたいな学生気分は捨てた方がいいように思いました。気の合う人3,4人はいましたが、お昼休みもずっとカリキュラムを進めたり、リファレンスを読んでいたりしていたおかげで、同期で一番早くカリキュラムを終えることができました。

 

オンラインのスクールや、生徒同士がレビューをする環境もあります。そんな中でも受け身にならずに、積極的に情報をとりにいく姿勢がエンジニアになっても大事だと思っています。「初心者だから」とか、「教えてもらえるだろう」みたいな甘えがどこかにあると、実際に就職してからかなり苦労します。

 

あっという間にエンジニア転職

roadmap-image

諸事情につき転職経緯は省略しますが、、スクールを卒業してWeb系の自社開発企業へ内定をいただくことができました。転職活動としてエントリーしたのは10社ほどで、そのうち3社から内定をいただくことができ、その中で最もカルチャーが合っていると感じた現在の会社に決めました。

 

未経験エンジニア転職は大変だった?

と聞かれることがよくあるのですが、私の場合は思ったよりすんなり行ったイメージです。もちろん年齢やスクールのサポート、環境や周りの方々のフォローのおかげではあるのですが、周りをみても20代なかばまでであれば内定をもらうこと自体は苦労しないと感じました。

 

一部のひとは転職活動に苦労していた様子…

しかし、面接時にアピールが下手だったり、技術力が発展途上だったりする方は難航しているようでした。エンジニアといっても、チーム同士、クライアントとのコミュニケーションが中心にある仕事なので、面接でのコミュニケーションはとても大事だと感じました。

 

私がはじめて受けた某会社で、

面接官(エンジニア)「未経験のひとに技術力はそこまで求めてないですよ。貪欲にどれだけ情報をとりにいこうとしているか?が一番重要ですね。」

と言われてからは、コミュニケーションのなかで積極性や素直さ、これまで自分がどれだけ自ら動いたかについて話すようにしました。結果それが評価されて内定をいくつかもらえた、と面接後フィードバックでも教えていただきました。

 

エンジニア転職は早く動いたもん勝ち

スクールに入って、内定をもらうまで約4ヶ月でした。もしスクールにはいらず勉強をだらだらと続けていたらもっと時間がかかっていただろうなと思います。

「時間がない… 疲れた… 明日やろう…,」

が慢性化してプログラミングの勉強時間が確保できない生活になっていたと思います。

 

プログラミング学習、エンジニア転職は早く一歩を踏み出したほうがいいです。早ければ早いほど良いと思っています。もし本気でエンジニアになりたいのであれば、なるべく若いうちに技術を習得できるよう努力したほうが圧倒的に有利です。プログラミングスクールにいくお金や時間がないのであれば、MENTAでメンターさんを見つけて半強制的に勉強する仕組みを作ってしまうとか。

 

エンジニアになってまだ1年弱だけど…

programming-basic-learning

エンジニアになってまだ1年も経たないひよっ子ですが、それでも毎日新しいことに気づき、学べる環境にいられてとても恵まれていると感じます。あの頃最悪な環境で一念発起してスクールに通った自分を褒めてあげたいです。笑

 

エンジニアになれば仕事が楽になる、年収が上がる、自由で楽しい!みたいなことを夢見る方がいますが、半分その通りで、もう半分はそんなことありません。エンジニアになってはじめの3ヶ月くらいはすべての仕事が意味不明で、先輩にも聞きづらい(と勝手におもっていただけ…)し、何も成果を出せない自分が嫌でしょうがなかったです。

 

エンジニアという仕事をけなすわけではないですが、多くの場合「エンジニア=単純労働」です。営業のお仕事のように「ある日突然大口案件をゲット!」なんてこともないですし、広報のお仕事のように「芸能人やメディア関係者と仕事をして」みたいな派手なこともありません。正直地味な仕事だと思っています。笑

 

それでも私がエンジニアの仕事を続けていて、今後も続けたいと思っているのは「プログラミングが楽しい、技術が好き」だからです。逆にいえばいまプログラミング学習をしていて、楽しくないという人はエンジニアの仕事に就いたらかなり地獄かもしれません…。それくらい人を選ぶ仕事です。

 

長々と自分語りをしてしまいましたが、最終的に伝えたいことは「プログラミングが好きなら今すぐ挑戦して環境を変えよう!」ということです。一人でも多く同業者が増えて行くことを日々願っています!

 

人気記事これだけで十分!ポートフォリオをつくるために覚えておきたいツール・サイトまとめ

 

人気記事【未経験あり】いまWEBエンジニアに人気転職サイト4選