【一言で解説】Railsのメソッドとアクションの違い

サキ さん
よくRailsについて調べていて、メソッドとアクションという二つの言葉がでてくるのですが、どちらも処理内容を表しているんじゃないですか?
マナブ さん
一言で言えば、routes.rbに書かれている名前をアクションと呼び、実際にコントローラの中に書かれている処理内容をメソッドと呼ぶんだよ

解説

詳しく説明をすると、
二つの違い
  • アクション:Railsの言葉
  • メソッド:Rubyの言葉(テキスト)

で両方同じも物を異なる視点から表現しているに過ぎません。

では具体的に何を指しているのか、というと

詳しく
  • アクション:routes.rbで指定されるときの呼び方
  • メソッド:実際にコントローラ内で定義するときの書き方

となります。

つまり、routes.rb のこちらは アクション

そしてcontrollersの中では メソッド となります。

違いが分かれば何てことない言葉の定義ですね。Ruby の学習の際はぜひ言葉の違いに着目して進めるようにしましょう!

これからRuby on Railsの勉強を進める方へ向けて「鉄板!勉強本」をまとめました。是非参考にしてください。

【全エンジニアが勧める】Ruby on Rails 最強の必読書 10選

2018年12月16日

Ruby on Railsを学んで「自社開発企業」へ行くなら、ポテパンキャンプさんをオススメします。実際にエンジニアの私からみても「こんなところまで?!」と驚くカリキュラムでした。在校生・卒業生の口コミはこちらをご覧ください!

【就職できる?】ポテパンキャンプ受講生の口コミ・評判

2019年1月26日

【ホントは教えたくない…】ポテパンキャンプオープンクラスの口コミ・評判

2019年1月23日