【年収2倍?!】Twitterでおすすめされているプログラミングスクール比較

twitter-school-top-main-image

プログラミングスクールっていっぱいあってよくわからない!自分にあっているスクールってどこなの?

そんな方へ向けて、2019年これからスクールを選ぶ方へ向けてオススメのスクールをまとめます。

サキ さん
でも、よくあるブログ記事と一緒で通ったことないスクール進めるんでしょ?

大丈夫です、本ブログメディアでは「現役エンジニア、Twitterで実際にインタビューを行った結果」のみをもとに、通ったひとの意見のみをまとめています。なので、「実際と違った!」ということはありません。ご安心ください。٩( ‘ω’ )و

それでは、受講生・卒業生の評価の高さランキングを発表します!

Twitter評価ランキング

1位 ポテパンキャンプ
2位 DIVE INTO CODE
3位 TECH::EXPERT
4位 tech boost
5位 Geek Job

今回のランキング作成にあたって参考にした情報は以下の通りです。

集計データ
  • 集計期間 2018年12月20日〜2019年3月31日
  • 対象;現役エンジニア、実際にスクールを経験した方
  • 人数:121名
  • 方法:直接インタビュー、Twitterインタビュー

さて、早速ですが5位から順番にご紹介してまいります。最後には、これらのスクールの中からどうやって自分に合うスクールを見つけるか、についても解説しています。

5位 GEEK JOB

GEEK JOB 公式サイトより引用

GEEK JOBは今回ランクインしたスクールの中で唯一の「無料プログラミングスクール」です!

サキ さん
え、無料って怪しくない?

 

と思ったあなた!大丈夫です、GEEK JOBは料金だけが売りではありません。「就職サポート力」が特徴の無料プログラミングスクールです。

詳しくみていきましょう。

スクール概要

株式会社グルーヴギアさんが運営するGEEK JOBでは、Java、PHP、Rubyの中から一つの言語を選んで学習を進めることができるスクールです。

株式会社グルーヴギアさんの会社概要はコチラ>

株式会社グルーヴギアさんではスクール運営以外にも、エンジニアの派遣事業を行なっています。そのため、GEEK JOBからの就職紹介についても強いバックアップができるんですね。実際に通った方のうち8割が「エンジニアに就職・転職したいから通った」とお答えいただきました。それくらいGEEK JOBでは就職サポート力が強いといえます。

場所は?

GEEK JOBの教室は二つあり、東京都の「四ツ谷キャンプ」と「九段下キャンプ」があります。

何が学べる?

GEEK JOBでは一つの言語を選んで、フロントエンド・バックエンド両方を学習することができます。

具体的にはJava,PHP,Rubyの中から一つを選んでカリキュラムを進めていきます。また、カリキュラムは学校のような授業形式ではなく、一人一人が自分のペースで進めることができます。HTMLやCSSなどの基礎中の基礎から始まり、最終的には一つのサービスを作り上げるところを目指してカリキュラムが進みます。また、もちろんDB(データベース)についてもSQLの講座があります。

GEEK JOBで学べること(Javaの場合)
  • PC、ネットワークの基礎知識
  • HTML,CSS
  • JavaScript
  • SQL
  • オブジェクト指向設計
  • Java
  • 仕様設計
  • サービス開発

ですが、中にはついていけずに途中で脱落してしまう、人も多いようです。

なぜ途中で離脱してしまうのか?この点についてはインタビューのコメントを紹介します。

卒業生のコメント

ーQ. なぜGEEK JOBさんでは途中離脱者がいらっしゃるんでしょうか?

大きい原因は「無料だから」というのがあると思います。例えば何十万も払って通って入れば、「死ぬ気で卒業するぞ!」ってなるんですが、無料なのでモチベーション維持が難しいんだと思います。決してカリキュラムは難しくないので、そこは安心してくださいw

ーQ. 途中でやめても違約金はないのでしょうか?

GEEK JOBで違約金はないですね。というか、きいたことないですw 契約書にもそんな記載はなかったはずです。

何ができるようになる?

選ぶ言語にもよりますが、簡単な掲示板やTwitterのようなサービスを開発することができる基礎を学べます。実際にGEEK JOBを卒業した生徒さんの中には、就職しつつ個人でサービス開発を行っている方がたくさんいらっしゃいました。

特徴は?

GEEK JOBの特徴は二つです。

  1. 無料のプログラミングスクール
  2. 圧倒的コスパの就職サポート力

無料のプログラミングスクールはいくつかあります。その中でもGEEK JOBが優れている理由として、卒業生のコメントを紹介します。

他の無料スクールだとRubyがまず選択肢になかったです。自分自身Railsチュートリアルをやってて、Ruby楽しい!となったので、無料でRubyを学べるGEEK JOBを選びました。

(25歳 SES勤務 男性)

実は他の無料スクールも説明会に行ったのですが、そちらは少し古臭い印象を受けたので辞めましたw GEEK JOBはスクール自体が新しいので内装もオシャレですし、学習する環境もとても自由でいいな、と思いました。

(29歳 SIer勤務 女性)

また、就職サポートについて。

GEEK JOBではスクール卒業時に、就職先の斡旋紹介を行なっています。他のスクールとの違いはその数です。卒業生のコメントでは「百数十社」を紹介してもらって、その中から自分で選んで面接をしていくスタイル、とのことでした。

他のスクールではおおくても50社程度のところが多い中で、GEEK JOBでは紹介企業数が群を抜いて多いです。もちろん、言語によって紹介企業数は異なるようで、インタビューを参考にすると…

PHP > Java > Ruby

の順で紹介企業数の多さ、面接通過率しやすさ、となっているようです。

Rubyはスタートアップ・モダンな企業での採用率が高い言語です。なので、まだあまり多くの会社で使われておらず、就職先企業としてもRubyは少ない結果となっています。ですが、Rubyを学んでいて、JavaやPHPに転職した方もいらっしゃいました!

GEEK JOBはこんな方へオススメ

無料で未経験エンジニア就職を目指す方におすすめ

他のスクールでは10〜100万円近くかかる料金が「無料!」というのはやはり大きいです。さらに、無料のスクールだから質が低いということもありません。実践的な開発スキルを身につけて個人開発をされている方も輩出しています。

GEEK JOBへの参加方法はまず無料体験会あるいは個別相談会に参加してみましょう!その場で申し込まなくても、今抱えている不安や悩みを相談するだけで構いません。まずは無料でエンジニア就職を目指したい!という方は以下より詳細ご確認ください。

4位 TECH BOOST

techboost-top-image

TECH BOOST公式サイトより引用

tech boostは「価値の高いエンジニアを生み出す」プログラミングスクールです。価値の高いエンジニア、とは幅広い言語や技術を組み合わせて開発を行うスキルを身につけることができる、という意味です。

具体的にみていきましょう!

スクール概要について教えて!

tech boost(テックブースト)は株式会社Branding Engineerさんが運営するプログラミングスクールです。

株式会社Branding Engineerさん会社概要はコチラ>

カリキュラムはオンライン・対面どちらでも受講可能。社会人の方や、地方の方だとスクールの受講が難しいですよね。そんな方にとってもいつでも受けやすいのがtech boostの特徴です。

対面の場合は、東京都の渋谷駅から徒歩5分ほどの教室を使ってカリキュラムを進めることができます。

 

さらに、tech boostでは3つのタームが用意されています。これらを数ヶ月かけて学習していくかたちでカリキュラムが進みます。

カリキュラム詳細

■ベーシックターム

HTML / CSS / Ruby / Ruby on Rails基礎 / Git / PHP / Laravel

■ディべロップターム

Ruby on Rails実践/ PHP/Laravel実践

■イノベーティブターム

ブロックチェーン/IoT/AI の中から一つ

最後のイノベーティブタームがあるのがtech boostの大きな特徴の一つですね!では一つずつ詳しくみていきましょう。

何が学べる?

上記で説明した通り、tech boostではWEBエンジニアとしての開発スキル+先端技術を学習することができます。具体的には、ブロックチェーン/ IoT/ AIのうちのどれかです。この点について卒業生のインタビューよりコメントを紹介します。

interview-image

僕はAIコースを選びました!一ヶ月程度なので、専門的なことは学べません。が、Pythonやライブラリを使ってデータ分析のようなことをできるくらいにはなりましたし、就活時のアピールにもなります。

入学後にコースを選びます。私はブロックチェーンを選んで、ブロックチェーン技術の裏側がどうなっていて、どうやって動くのかを理解できました。実際に自分でもコードを書いたのですが、とても楽しかったです!他のプログラミングスクールではできないカリキュラムなので良いですね。

イノベーティブタームよりもっと学びたい!という方は、エキスパートコースが別途用意されています。なので、もっと本格的にAIエンジニア・ブロックチェーンエンジニアとして活躍したい!という人にとってもtech boostはオススメです。

何ができるようになる?

イノベーティブタームばかりが注目れていますが、ディベロップタームでは基礎的なWEB開発のスキルを一通り学ぶことができます。まずベーシックタームではWEB開発の基礎中の基礎を学びつつ、実際に自分で開発を進めていきます。簡単なパーツをコードで書いていきます。

基礎が終わったら、ディベロップタームでデモサイト・アプリの開発を行います。作るもの、については受講時期によって異なりますが、某有名アプリのクローンを作ったというかたが多かったですね。CRUDを一通り学べる内容となっていました。

さらに、GEEK JOBの卒業生さんよりも、「個人開発したいから入った!」という方が多かったです。

tech boostってこんなトコ!

tech boostの特徴は三つです。

特徴
  • 先端技術を学べるスクール
  • メンターの面倒見が超いい!
  • 教室を使い放題!

先端技術が学べる、という点については先ほどイノベーティブタームの説明でお話ししましたね。他のスクールでもPythonで機械学習を教えているのですが、そちらは80万円近くの受講料がかかります。本格的に学ぶというよりは、「まずは触りだけ」学びたい、という方にtech boostのカリキュラムは最適です。

さらに、tech boostの教室にはメンターさんが常駐しており、わからないことを相談したり、人によっては恋愛相談したりするそうです。笑

そして、tech boostを卒業後も教室を使い放題というのも嬉しいですね。さらに、メンターさんへの質問もできるんです!ただし在校生が優先になるので注意です。

tech boostはこんな人にオススメ

WEB開発スキル + αを学びたい人にオススメ

さらに、カリキュラムのサポート(環境、メンターなど)も充実しています。じっくりと腰を据えて、技術を学びたい人はtech boostを選びましょう!

tech boost では無料の説明会を随時開催しています。筆者も先日参加したのですが、たくさんの方が参加されていて、質問もし放題でした。分からないことがあれば、以下より問い合わせ、あるいは無料説明会に参加してみましょう!

 

3位 TECH::EXPERT

TECH::EXPERT 公式サイトより引用

TECH::EXPERT はエンジニア就職・副業・フリーランスを目指すひとにオススメのプログラミングスクールです。

スクール概要について教えて!

株式会社divさんが運営するTECH::EXPERTでは対面/オンライン両方のカリキュラムを用意。WEBエンジニアだけでなく、WEB制作やフリーランス養成など幅広く「エンジニアの就労サポート」を行っています。もちろんカリキュラムもHTMLやCSSなどの基礎から始まり、Ruby on Railsをチームで開発するために必要な知識をアウトプットしながら進めることができます。

株式会社divさんの会社概要はコチラ>

TECH::EXPERTで用意されているコースは以下のとおりです。

コース一覧
  1. 転職コース:エンジニア転職を目的としたコース
  2. 副業・フリーランスコース:フリーランスとして独立を目指すコース

 

転職コース

多くの方がこちらの転職コースを選ばれるようです。特徴としては、「マンツーマンで転職サポート & 転職できなかったら受講料を全額返金」というところですね!TECH::EXPERTではカリキュラム終了後に、転職サポートを受けることができます。具体的には、求人の紹介やエントリー準備、面接のサポートなどが含まれます。ここまでは他のプログラミングスクールと同じですね。

しかし、一般的には転職できなければそのまま卒業というところが多い一方で、TECH::EXPERTでは転職先が見つからなかった場合は受講料を全額返金、という保証がサービスに含まれています。つまり、必ず転職できるようサポートしてくれる、という心強さです。

この点について卒業生インタビューで詳しく聞いた点を紹介します。

 

卒業生のコメント

ーQ. 転職保証って本当ですか?実際に転職できなかった人っているんでしょうか?

僕のときは10社ほど紹介してもらって2社内定をもらいました。なので転職保証で返金、ということはなかったです。一緒に受けていたひとも転職先が見つかったようで、周りを見渡しても転職できない!みたいな人はいなかった印象です。

ーQ.どうして転職サポートが強いんでしょうか?

求人数が多い、というのはあるんじゃないすかね!他のスクールは分からないですが、選びきれないくらい数はありました。有名なところもありましたが、中小企業が多いです。有名な企業はそれなりに難しいみたいですが。

ーQ.転職活動は大変でしたか?

転職自体は大変でしたね〜、仕事しながらだったので。まあTECH::EXPERTの人は相談を申し込んだらメンターの方が実際に話してくれるのでよかったですね。独学で学んだほうがいいこととか、自己アピールするところとか、自分は自信がなかったのでその点は満足してます。

実際にここ経由で転職して、年収が2倍になったので、いまのところ苦労してもよかったと思ってます。どこのプログラミングスクールも一緒かもしれませんが、エンジニアは給与があがりやすいので、若いうちからプログラミングスキルを持っておくことは重要ですね。

 

副業・フリーランスコース

一方で、転職ではなくフリーランスエンジニアとして活動する人へ向けたコースも用意されています。

転職コースとの違いとしては「案件獲得保証!」という点です。

つまり、カリキュラムを期間内に修了して、フリーランスとして活動するにあたって案件が見つからないということがあった場合に受講料を全額キャッシュバックしてくれるというものです。なぜそこまで強気なのか、についてはこのコースがフリーランスとして独立するために必要なことをサポートしてくれている、というのがありますね。

  • 個人のポートフォリオを作成
  • ブランディングのサポート(名刺作成、個人ブログの作成手法など)
  • 案件獲得の方法をレクチャーなど

さらに、フリーランスになってから半年間もスクールのメンターさんが面談をしてくれます。フリーランスになった経験のある方や、業界に詳しい方に相談にのってもらえるというのは心強いですよね。

 

何が学べる?

TECH::EXPERTではRuby on RailsをベースとしたWEBエンジニアになるために必要なスキルを学ぶことができます。一方、WEB制作のコースではWEBデザインや制作にかかわるスキルを身につけられます。つまり、WEBエンジニアあるいはWEBデザイナーどちらでも仕事を獲得するための一歩をサポートしてくれます。

WEBデザイナーコースには女性も多く、自宅勤務しながらできる仕事・スキルを身につけることを目的とした方が多いようです。

 

TECH::EXPERT ってこんなトコ!

TECH::EXPERTの特徴は三つです。

  • 就業支援に圧倒的な強み
  • フリーランス独立を支援
  • 東京、大阪、愛知に教室あり!

特に、東京以外の大阪や愛知でもプログラミングスクールを探している方はおすすめです。オンラインだとモチベーションが続かない、という方はたくさんいらっしゃいます。教室があれば自習でも使うことができますし、メンターさんに直接相談したり面接の練習をしてもらったりすることができますよね。なるべくならオンラインではなく近くの教室に通える環境が、プログラミング学習には必要です。

 

TECH::EXPERTはこんな人にオススメ

多少のコストをかけてでもエンジニアとして仕事を獲得したい!方におすすめです。

はじめに紹介したGEEK JOBでは紹介していないような有名企業や有名WEBサービスを開発している求人がたくさんありました。実際に紹介実績の求人でいうと…

紹介実績
  • DMM.com
  • teamLab
  • GMO
  • NewsPicks
  • UNEXT
  • リブセンス
  • GaiaX

などがTECH::EXPERT経由で応募することができます。さらに、TECH::EXPERTでは世帯年収300万円以下の方向けに「料金後払い制度」も始まりました。業界初の試みですが、年収アップを目指す方や学生さんにとっては嬉しいサポートですよね!

 

受講申し込みにあたっては毎月定員が決まっています。またエンジニアとしてやっていけるか不安…という方も無料で相談にのってくれるそうです。詳細はこちらからご覧ください。

 

2位 DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODE 公式サイトより引用

DIVE INTO CODEはじっくり丁寧に教えてもらいながら、また同期と一緒に切磋琢磨してスキルアップができるプログラミングスクールです!他のスクールに比べて卒業生の満足度が非常に高いのがポイントです。詳しく解説していきます!

スクール概要について教えて!

株式会社DIVE INTO CODEさんが運営するDIVE INTO CODEはオンライン・対面両方でWEBエンジニアになるために必要なスキルを身につけることができるスクールです。対面の場合、教室は渋谷駅近くにあるので、通いやすいですね!オンラインの場合は通学が難しい方、時間の都合をつけるのが難しい社会人の方が参加できるコースです。

株式会社DIVE INTO CODEさんの会社概要はコチラ > 

 

DIVE INTO CODEさんはこうした個人へのプログラミングスクール事業はもちろんのこと、そのほかにも幅広い事業展開をしています。例えば法人研修では、法人のお客様向けにプログラミング教育を行っています。それもあってか、しっかりとした講師の方が多い印象です。

コースは本記事執筆当時で、3つあります。具体的には、

  • 就職達成プログラム
  • 新規事業創造プログラム
  • 機械学習エンジニアコース

簡単に言えば、就職達成プログラムはWebエンジニアへの就業を目的としたもの。新規事業創造プログラムはサービスの開発に特化したもの。そして、機械学習エンジニアコースは機械学習の技術を使ったカリキュラムを学べるもの、となっています。

何が学べる?

DIVE INTO CODEでは他のスクール同様、WEBエンジニアとして活躍するために必要なスキルを学ぶことができます。

  • HTML、CSS
  • JavaScript
  • Ruby on Rails
  • Git

さらに、機械学習エンジニアコースでは機械学習、データアナリストになるために必要なスキルを学ぶことができます。

  • 数学(線形代数、微分積分)
  • 機械学習基礎
  • データサイエンスツール
  • 機械学習発展
  • ディープラーニング基礎

他のスクールのなかでも、機械学習エンジニアに関してここまで充実したカリキュラムを提供しているところはありません!

DIVE INTO CODEのいいトコ

point
親身になって教えてくれる環境

DIVE INTO CODEの卒業生のコメントの中で最も多かったのがこの点です。

全くの初心者でも一緒になって考え、教えてくれるメンターさんが多いのがDIVE INTO CODEです。さらに、オンラインでも早ければ即日回答が来ます。カリキュラムのなかでオリジナルのアプリケーションを作りますが、その実装にあたっても丁寧に教えてくれたというコメントが多かったです。

他のスクールでももちろん親身に教えてくれますが、DIVE INTO CODEさんでは一つのクラスが少人数(数名〜十数名)のため、一人ひとりに対して多くの時間を割いてくれます。

 

卒業生との交流が多い

DIVE INTO CODEでは定期的に在校生・卒業生の交流会があります。その中で、元スクール卒業・現役エンジニアのリアルな声を聞くことができます。

「独学で何すればいい?」「就職に必要なことは?」など意見交換しながら、自分自身のキャリアを考えることができるのは、DIVE INTO CODEならではですね。

 

卒業後もサポートを受けられる

DIVE INTO CODEの卒業生なら、カリキュラム終了後もしばらくサポートを受け続けることができます。卒業後半年間は個人プロジェクトや就職サポート、質問サポートは継続して受けられます。

さらに、DIVE INTO CODE内の自習室は卒業後も期限なく利用し続けることができます。例えば、仕事終わりに独学で勉強したい!という場合に自習室を使えるのはとても嬉しいですね!

 

機械学習コースが充実

機械学習エンジニアとしてのカリキュラムは他のスクールよりも充実している、という意見がありました。

tech boost でも機械学習のタームがありますが、基礎をインプットする程度です。DIVE INTO CODEでは約四ヶ月みっちりとインプット・アウトプットができます。さらに、機械学習エンジニアとしての就職支援も行っています。独学では、なかなか難しい機械学習・深層学習のスキルを身につけるならDIVE INTO CODEがベストといえます。

 

DIVE INTO CODE はこんな人にオススメ!

DIVE INTO CODEはWEBエンジニア・機械学習エンジニアとしてしっかりと基礎から学びたいという方におすすめです。

料金は49.8万円〜と比較的高額ですが、それでも就職に必要な知識をゼロから学べる環境は貴重です。他のスクールよりも参加のハードルが低く、そして自走できる環境が揃っています!

特に機械学習分野のスクールを検討している場合は、DIVE INTO CODE一択です。

DIVE INTO CODEでは毎月参加の定員が定められており、また機械学習コースでは入校にあたってテストが設けられています。

詳しくは以下の公式サイトよりご確認ください!

 

無料体験会では参加にあたっての必要事項や、カリキュラムについて、またプログラミング学習やエンジニア就職などについても相談にのってくれるそうです。さらに無料の体験会も実施しているので、まずはお問い合わせをしてみましょう!

 

1位 ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプ公式サイトより引用

最後に、口コミ・評価ランキング1位はポテパンキャンプです!

WEBエンジニア養成スクールとして、完全オンライン完結のポテパンキャンプは2018年夏頃より注目を集め、毎月の入学希望者は定員の4,5倍以上となることも。そんなポテパンキャンプを簡単にご紹介します!

スクール概要について教えて!

ポテパンキャンプは株式会社ポテパンが運営する完全オンラインのプログラミングスクールです。ポテパンキャンプでは3つのコースが用意されています。

  • 選抜クラス:キャリアコース(経験者向け)
  • 選抜クラス:ビギナーコース(初心者向け)
  • オープンクラス:(全員・先着順)

選抜クラス・オープンクラスの違い

  • 選考がある/ない
  • 就職サポートがある/ない
  • 発展まで対応/基礎のみ

名前の通り、「選抜クラス」を受講するためには書類審査・面接を通過する必要があります。一方、オープンクラスでは選考はありません。毎月定員が決まっていて、先着順で受けることができます。

さらに、選抜クラスでは卒業後の就職サポートを受けることができます。しかし、オープンクラスはサポートがないため、もしこちらを受けたい場合はオープンクラス修了後に選抜クラスにジョイン希望を出すかたちとなります。

カリキュラムについては、選抜クラスではRailsチュートリアルをはじめとして、オリジナルアプリの完成までを行います。オープンクラスでは基礎を一通りカバーするのみです。ですが、オープンクラスでもメンターさんのサポートを受けたながら学習を進めることができるため、初心者にとっては十分といえる内容です。

そして最後に注意ですが、キャリアコースはすでにエンジニアとして働いている方、あるいはプログラミングをある程度経験した方が対象です。未経験、勉強中という方はビギナーコースを受講しましょう!

何が学べる?

ポテパンキャンプではRuby on RailsでのWEB開発スキルを学習することができます。

他のスクールと違う点として、HTMLやCSS、JavaScriptなどの基礎文法はカバーしません。最初からRailsチュートリアルを基礎としたカリキュラムが始まります。つまり、これらの言語はもちろん、Ruby on Railsの基礎もおさえたうえで参加することが求められます。

さらに、ポテパンキャンプでは実際の現場に近い環境でのカリキュラムが提供されます。

卒業生のコメント

interview-image

やはりメンターがハイレベルのエンジニアであるということと、扱うライブラリなどが他のスクールとは違う点です。レビューではヒントを与えられるものの自力で解決するような仕組みになっているので、すごく自分の成長が楽しみです。また、オンラインでの質問などは受講生同士で回答することもあり、受講生のレベルも高いなと感じました。

(Seiraさん)

 

ポテパンキャンプのいいトコ

完全オンラインなので誰でも通える

ポテパンキャンプは2019年2月より完全オンラインのスクールとなりました。そのため社会人の方や家が遠方の方でも方でも受講できるようになっています。一部のスクールでは通学のみだったり、定期的にスクールに集まることが求められますが、ポテパンキャンプでは違います。

カリキュラムのなかでは、受講生が書いたコードをメンターさんはもちろん、他の在校生も一緒になってレビュー(コメントしたり、評価したりすること)します。そのコードレビューもオンラインですべて行われ、様々な質問や議論が酌み交わされています。

好きな時間でカリキュラムを進めつつ、受講生と一緒になって学習を進められるのは魅力的ですよね!

 

現場で使えるコードを書く力が身につく

ポテパンキャンプのカリキュラムは現場で使える技術に沿って作成されています。

例えば、Railsではgemといわれるライブラリやアプリケーションを使って、プログラミングを効率化します。スクールによってはgemを使うことを推奨しないこともあります。ですが、ポテパンキャンプでは実際に開発現場でよく使われるgemを使うことを想定しています。

その理由は、実際にgemを使って「いいコードを書く、いいアプリケーションを作る」ことを目的としているためです。

教材や技術書では教えてくれないような、現場で使われるRailsの知識を学ぶことができます。

超ハイレベルな環境

ポテパンキャンプの受講生は選考をくぐりぬけたハイレベルな生徒さんばかりです。

上述の通り、生徒同士のオンラインでの議論の場があるため、そのなかでもお互いに教え合いながらカリキュラムを進めます。相手が分からないことを教えてあげたり、逆もまた然り。ハイレベルなメンバーと同じ目線で一緒に学習を進められることは大きなメリットのひとつです。

自社開発への就職サポート

そして、こちらがポテパンキャンプの特徴の一つですが、就職サポートで紹介している企業はすべて「自社開発企業のみ」です。

一般的にプログラミングスクールが紹介する企業は「SES、あるいはSIer」が7,8割ほどです。どうしても自社開発企業に行きたい!という方は、ポテパンキャンプの就職サポートを受けることをオススメします。

 

ポテパンキャンプはこんな人にオススメ!

本気でWEBエンジニアになりたい人、にオススメのスクールです。

正直ポテパンキャンプのカリキュラムは難しいです。頭をひねりながらコードを書いて、ダメ出しをくらうこともあります。それでも、確実に実力がつくのがポテパンキャンプです。最後に卒業生のコメントをいくつか紹介します!

 

卒業生のコメント

ポテパンキャンプに通うことになったきっかけは、会社を辞めた後に色々な現役エンジニアさんに、Webエンジニアに転向するにはどうすればよいかをDMで相談に乗ってもらい、スクールに通うことを勧められたことです。その理由は、(1)メンターが大学生とかではなくハイレベルの現役エンジニアであること、(2)転職先が全て自社開発であること・自力で解決しなければならないという環境、の二点でした。

(Seiraさん)

僕がポテパンで知る人は、皆さん自社開発に転職をしているのでスクールとしては有能だと思いますね。どこのスクールにも当てはまることだと思うのですが、 「自走力がある人」、「向上心が高い人」は向いていると思います。

(らんぼーさん)

(ポテパンキャンプを選んだ理由は)ツイッターで見る生の情報(ポテパン受講生や卒業生)をもとに他のスクールと比較をしながら、最終的には全体的な評価の高さで決断をしました。今の時点での評価は100点満点中85点ですねー。

(かちゃーさん)

 

ポテパンキャンプへの申込みについて詳しく

ポテパンキャンプの選抜クラス、オープンクラスそれぞれ毎月定員が決まっています。実際に自分が受けられるのか?選考大丈夫なのか?など不安があれば、ポテパンキャンプの公式サイトより無料のカウンセリングに問い合わせをしてみましょう!

卒業生いわく、株式会社ポテパンの代表の宮崎さんが対応して直接お話できることもあるそうです!優秀なメンターさんの多いポテパンキャンプでご自身の不安をぶつけてみましょう!

 

 

最後に

2019年オススメのプログラミングスクールを、卒業生へのインタビューをもとにランキング化しました。

それぞれのスクールに特徴があるので、まずはご自身がどんなことをしたいか?どんな環境で、何を学びたいのか?を明確化したうえで慎重にスクール選びをしましょう。

 

貴重な時間とお金を投資するので、いくつかの説明会やカウンセリングに参加したうえで、一つを決めることをオススメします!

 

 

人気記事【未経験あり】いまWEBエンジニアに人気転職サイト4選