【2019年版】ProEngieer・プログラマカレッジの2chの評判は本当?

ProEngineerについて調べるといろんな意見があってよくわからない…

という方へ向けて、ProEnginner及びプログラマカレッジについて卒業生に聞いてみた結果をまとめます。

この記事は、

対象
  • これからProEnginnerに通うことを検討している方
  • プログラミングスクールを選んでいる方
  • プログラミング学習中の方

へ向けて、ProEnginnerおよびプログラマカレッジについて詳しく知ることができるよう、簡単にわかりやすくまとめた記事になります。

結論、ProEngineerは怪しくないです

ProEnginnerは2chで言われているような怪しいスクールでもないですし、悪い評判についても実態とかそぐわないことが多いです。

ProEnginnerの運営しているインターノウスはプログラミングスクール業界でもかなりの「老舗」で、信用できるメンターさんが多いです。申込み後に行く面談・カウンセリングでも丁寧にカリキュラムを説明してくれますし、受講中も親身になって対応してくれていました。

 

ただし、ProEnginnerの場合、カリキュラムはネットワーク開発に関わる比較的「マイナー」な内容であることは事実です。

例えばよくいうWEBエンジニアはRuby on RailsでWEB開発をして、私服で音楽聴きながら仕事をして…というイメージですよね。ですが、ネットワークエンジニアの場合は半数近くがスーツですし、毎日コードを書くばかりではないのは事実です。サーバの構築や保守に際しては、クライアントとの商談や会議に同席する場合もあります。

 

学習する内容もサーバ開発・保守に関わることが多いので、少し特殊です。ですが、今後ネットワークエンジニアの需要は減ることはないですし、上記で言うようなWEBエンジニアと比べても年収や待遇は良いことが多いです!

30代のネットワークエンジニアの平均年収は554万円であり、他のIT職種に比べても見劣りしません。身に付けた技術や実務経験によって、年収が大きく変わる職種といえるでしょう。

 マイナビエージェント公式サイトより引用

ProEnginnerはコスパ最強の無料スクール

ProEnginnerは無料で通えて、就職もできて、年収の高いポジションでキャリアをスタートできます。

例えば他のスクールですと、

  • 半年間で60万円
  • メンターは大学生やアルバイトが多い
  • 就職が保証されていない

ということが一般的です。特定のどこのスクールとは言えませんが…。

プログラミングスクールは「受講料+企業への紹介費」で収益のほとんどをあげています。ProEngineerの場合、「受講料」が無料のため、企業への紹介費を収益の根幹においています。なので、絶対に生徒さんをスキルアップさせて企業へ紹介させなければ!というモチベーションが強いわけです。

しかし、そうした実態が一部の方にとっては「ProEnginnerは人売りだ!」という反感を買っているように思います。ですが、他のスクールに比べて「生徒さんのスキルアップ+就職」を保証しているため、結果として受講生にとってはいい環境です。

利用者のコメント

  • Nさん 20代男性
  • 2年前にエンジニア転職のため受講
  • 大手SIerに転職
ひびの
実際にProEnginnerに通ってどうでした??
Nさん
初めは少し心配でしたが、自分が行きたい企業に就職できたのでよかったと思います。ProEnginnerのいいところは、なんと行っても無料なところと、僕の場合は講師の方がとても優しく対応いただいたところですかね。元エンジニアの方だったので技術にも詳しかったです。LINEで連絡をとっていたのですが、就職の際にもアドバイスをいただいたりしていました。
ひびの
就職サポートについてはどうですか??
Nさん
僕は転職活動が初めてだったこともあって、それなりに苦労しました。でも面接練習とかエントリーシートの添削とか、カリキュラム修了後に色々とサポートしてもらったのはありがたかったですね。
ひびの
求人はどんなところが多かったですか??
Nさん
SIerやSESが多い印象です。年収相場も書いてあるのですが、だいたい250~350くらいが平均ですね。僕はとりあえず年収400を目指していたので、かなり頑張りましたが笑

実際SIerやSESへの就職も悪くないです

ProEnginner公式サイトより引用

ProEnginnerの場合、ほとんどがSIerやSESの求人になります。

一部の方はこうした業種を毛嫌いすることがあります。ですが、実際未経験エンジニアのファーストキャリアとしては「かなり良い」という判断をしています。

その理由は以下のとおりです。

  • SIer、SESは教育体制がしっかりしている
  • 中小企業以上が多いため、年収や待遇も良いことが多い
  • 残業を気にする組織が多いため、過剰残業も少ない
  • たくさんの企業が選択肢にあるので、就職できる確率が高い

一方、WEB系や自社開発の場合は、ベンチャーや小さい企業であることも多いためか、「残業が多く、基本給が低い」傾向にあります。WEBエンジニアによくある「私服で音楽聴きながら仕事する」というのはWEB系や自社開発あるあるですが、実際の労働環境はかなりハードです。。

それに比べて、SIerやSESの場合、そういった点では待遇も悪くないといえます。さらに、SESの場合は様々な現場と技術を渡り歩くことができるため、自身のスキルポートフォリオも幅広いものになります。そして、その後の転職でも非常に有利になります。実際に転職がうまくいくひと、オファーをもらう人はSESで様々な現場で技術を磨いた人が多いです。

でもここに注意!

しかし、ProEnginner・プログラマカレッジでは「途中離脱」する人も多いので注意です。その主な理由は、無料だからです。決して環境が悪いというわけではようですが、無料なのでいつ辞めてもOKという心理になって、途中で離脱してしまう人も多いようです。卒業率は約70%程度といわれています。

なので、授業についていけなければしっかりとサポートしてもらいましょう。もし通うことが難しければ、タームを変えるなどの対応をして、継続するようにしてください!

エンジニアになるなら2020年までがチャンス

エンジニアの需要はいま上がる一方で、転職市場も売り手市場となっています。ですが、この傾向も2020年くらいがピークだと思っています。

その理由の一つが、プログラミングスクールの過剰な参入です。様々なプログラミングスクールがその利益性を求めて設立されています。そこからエンジニアになる人がたくさん出てきているのは良いことなのですが、どうしても質の低いままが就職してしまうケースも多いようです。

 

実際の採用人事曰く「スクール名を聞いた時点でその人を落とす場合もある」と言われるくらいです。

2018年にプログラミングスクール新規設立のピークを迎えて、これからは「質の高いエンジニアを育てるスクールやコミュニティ」が増えていきそうです。そうなると、エンジニアとして就職するのも非常に大変になることが予想されます。若くて、優秀なエンジニア候補と勝負しないといけなくなるからです。

そうなる前に、しっかりと基礎を抑えて、ProEnginnerのような老舗のしっかりとしたスクールに通ってから、スキルを身につけるようにしましょう!

 

 

人気記事【未経験あり】いまWEBエンジニアに人気転職サイト4選

人気記事【2019年最新版】Twitterで評価の高いスクール5選