【口コミまとめ】Tech Boostを辛口で評価してみた

chatting-image

プログラミングスクールってたくさんあってよくわからないですよね。私も正直スクールを選ぶときはきちんと比較したり、説明会にいくつも行ったりせずに決めていました。でもよくよく考えると…

 

お金と時間もったいない

 

普通のプログラミングスクールって4,50万円くらいするじゃないですか。普通の会社員の2ヶ月分くらいのお金がかかるわけですよね。それをパッとググって調べて「オススメです!」って言われたスクールに決めてしまうのはとてももったいないな、といまでは思いました。もっとちゃんと調べるためにも

 

やるべきだったこと
  • 卒業生、在校生のコメントを調べること
  • 説明会や体験会には2,3つ行くこと
  • そのなかできちんと質問したり、相談して決めること

 

これらが必要だったと思います。今回この記事では、一つ目の「卒業生、在校生のコメント」をもとにTech Boostってぶっちゃけどうだったの?というところを解説していきたいと思います。まず最初に筆者はTech Boost出身者ではないため、卒業生や在校生の方々のコメントをもとに最終的に辛口で評価します。

 

また、誰しもがTech Boostに行くべきか?というとそうでもないと思っています。こういう人には良さそう、というところをお話しします。

 

最後に現役エンジニアの観点から、プログラミングスクールからのエンジニア就職に関しても少し解説させていただきます。正直、ここに関してはここ1,2年でエンジニア就職市場や人事担当者の風向きが変わりつつあります。気をつけて学習、就活をしないと大失敗することになります。そういった点からもTech Boostはどうなのか?ということを評価させていただきます。

 

そもそもTech Boostってなに?

受講形式対面 / オンライン
場所東京都
料金

社会人・通学:29,800円〜/月

入学金

社会人・通学:269,800円

期間約3ヶ月〜
学習内容Ruby、AI、IoT、ブロックチェーンなど
オススメ度★★★☆ 

 

Tech Boost(テックブースト)は通学・オンラインで受講することができるプログラミングスクールです。料金としては入学金で約27万円+月額約3万円で、機関としては3ヶ月ほどなので、最安で36万円ほどになります。卒業生にインタビューしたところ、3ヶ月で終わるひともいれば、カリキュラムの進捗によっては4ヶ月になる人も一定いらっしゃいました。なので、目安の金額としては36~39万円ほどが平均的な金額感となります。

 

学生の場合は少しおトク

Tech Boostでは学生の場合、入学金が少しおトクですね。通学の場合は199,800円、オンラインの場合は147,800円です。なので、学生で通学の場合でも29~32万円ほどにおさまります。

 

通学とオンラインの違いは?

通学の場合は渋谷にあるTech Boostの教室に通いでカリキュラムを受けます。メンターさんや講師の方が在中しているので、わからないことがあれば直接質問できるのが利点です。また、環境としても学習に集中できるのがいいですね。基本的に教室があってみんなで授業を受けるという感じではなく、一人一人に与えられたタスク、をカリキュラムに沿って教室で受ける感じになります。

おしゃれなTech Boostの教室・受講風景

 

一方、オンラインの場合は自宅でもどこでもPCがあればカリキュラムを進めることができます。タスクがあたえられて、それをインプットしながら、アプリケーションを作っていく感じになります。受講前にメンターさんとカリキュラムを作るので、難しすぎることはなく、適度な難易度になっているので大丈夫です。オンラインの利点はいつでもどこでも受講生にあわせてカリキュラムを進められることです。一方で、自宅で学習しないといけないので人によっては気が散ったりする心配があるようです…。ちなみに、わからないことがあってもチャットですぐに質問ができ、回答も即かえってくることがほとんどのようです。

 

 

通学・オンラインが可能なスクール一覧

 

メンターさんの対応は?

techboost2

ここからは実際の卒業生、在校生のコメントをもとに解説していきます。

 

インタビュー詳細
  • S.Aさん(20代 男性)
  • 入学前:営業職
  • 卒業後:SIerにテスターとして就職

 

Q.メンターさんの対応はどうでしたか?

S.Aさん

僕の場合は通学だったのですが、渋谷の教室にいたメンターさんには結構お世話になりました。対応もよく、回答もすぐにいただけたので良かったと思います。たまに、メンターさんの手が空いてないときがありましたが、基本的に「ちょっと待ってね!」みたいな感じで言われて、5分後くらいには対応してくれましたね。

 

Q.メンターさんは学生さん、アルバイトの方でしたか?

S.Aさん

アルバイトだったかはわからないですね。。ただ、とても若い気がします。20代前半とか。

 

Q.メンターさんの質はどうでしたか?他のスクールだと学生さんやアルバイトの方で、教え方が下手だったりするという声もあったのですが。

S.Aさん

名前は伏せておきますが、一部教え方が下手というか、わかりにくいかたはいましたね。笑 でもたいていのメンターさんは丁寧に教えてくれますし、質に関しては高いように思いました。ただ、一緒に通っていた生徒さんが「XXさんまじで教え方下手すぎ…」みたいなことをTwitterでつぶやいていました。そこは人による、というのがあると思います。

 

Q.他のスクールだったり勉強会に参加されたことはありますか?

S.Aさん

他のスクールは体験会にいきました。Wから始まるところです。笑

 

Q.そのスクールの雰囲気とTech Boostの違いはありますか?

S.Aさん

特に違いはないですかね…。通ってみてわかるのは、カリキュラムの質はどちらも一緒で、メンターさんもそこまで大きな違いはないように思いました。好き嫌いかもしれません。一度どちらも体験会や説明会に参加してみてもいいかなーと。

 

 

Q.これから通おうとされているかたへ一言お願いします!

S.Aさん

僕はたいしてできた生徒ではないのですが、ちょくちょく相談しながら学習を進めるのがいいです!それにTech Boostは結構丁寧に対応してくれます。カリキュラムが始まる前に、学習進捗に応じて何を学ぶか?を決めてくれるのですが、その後の自分の進み具合を相談してみて、難しければどうしようか、みたいなことを決めていけばスムーズに進むと思います。あと、3ヶ月で無理して卒業しようとしなくても大丈夫です!!w

 

 

カリキュラムの質は高い?

techboost-study

 

インタビュー詳細
  • K.Tさん(20代 男性)
  • 入学前:総務
  • 卒業後:ベンチャーにエンジニアとして就職

 

Q.Tech Boostのカリキュラムはどんな感じでしょうか?

K.Tさん

最初はベーシックタームといって、HTMLやCSSからRubyの基本的な文法周りを習います。だいたい4週間くらいだったと思います。その後デベロップタームで課題に沿った独自のアプリケーションを実際に作っていきます。仕様は決まっているので、それをなぞるかたちで、僕のときはTwitterやInstaみたいなSNSをつくりました。最後に、イノベーティブタームで、AIやIoTの中から一つ選んで1ヶ月くらい学習します。

 

Q.カリキュラムの質はどうでしたか?

K.Tさん

ベーシックタームは結構わかりやすかったですし、何もわからないところから入っても問題ない感じでした。ただ、Progateや本読んだりして事前学習してから入るひとがほとんどでした。なので、質はいいけど、自習してから入ったほうがいいかなーとは思いました。全くのゼロだとどうしてもフルサポートしてもらわないと難しいかもです。

 

Q.基本的に自習スタイルなんでしょうか?

K.Tさん

そうですね、学校みたいに何十人で一緒に授業を受ける、みたいなことはないです。それぞれに与えられたカリキュラムを進めて行く感じです。終わったら、はい次!みたいな。

 

Q.メンターさんはカリキュラムにはどう関わるのでしょうか?

K.Tさん

わからないところがあれば聞く感じです。オンラインの場合はSlackに質問専用にチャンネルがあってそこで質問するらしいです。僕は通学だったのでわからないですが。

 

Q.なるほど、カリキュラムが早く終わったりすることも?

K.Tさん

あると思いますよ。一緒に受けていたひとで、他の人の半分くらいのスピードでベーシックタームを終わらせていましたから。事前にしっかり勉強してから参加したらしいです。

 

Q.そうなんですね!カリキュラムが早く終わったら、期間も短く卒業できるんですか?

K.Tさん

多分そうなんじゃないですかね。その方のその後詳しく知らないですが、早く終わった場合は2ヶ月とかで卒業されていたかもです。

 

Q.アプリケーションはどんな感じで作っていくのでしょうか?

K.Tさん

基本的に最初に何を使って、何を作るか?みたいなのを決めます。それに沿って、タスクや仕様があって、それを各自で作っていきます。僕の場合はSNSだったので、Twitterぽく投稿できたり、ログインできるのをRailsで作ってました。わからなければ自分で調べて、どうしても詰まったらメンターさんへ質問して解決するみたいな流れです。

 

Q.イノベーティブタームはどうですか?

K.Tさん

普段学習しない分野なので僕はとても楽しかったです。ただ、かなり基礎の基礎なので、それを学んだから何か作れるか?と言われるとそうでもないです。AIの機械学習、深層学習のアルゴリズムやライブラリを触ってみる、みたいな感じでした。正直、これをしっかり学べると思って参加するのは微妙かもです。

 

 

就職サポートは?

 

インタビュー詳細
  • Y. Iさん(20代 男性)
  • 入学前:営業
  • 卒業後:メガベンチャーへ就職

 

Q.Tech Boost経由で就職されたんですか?

Y. Iさん

そうです!内定は1つもらって、そこで就活やめました。

 

 

Q.だいたい何社くらい受けられたんですか?

Y. Iさん

最初5社にエントリーだして、最終まで進んだのが2社でした。いまの会社ともう一つはSESの会社で、内定もらえたのがいまの会社が先だったのと、そちらのほうが志望度が高かったので、そこで就活やめた感じです。

 

Q.Tech Boostさんの就職サポートを受けられたんですか?

Y. Iさん

そうですね。Tech Starsっていうエンジニア就職サービスをここの会社が運営していて、そこで紹介している企業をいくつか斡旋してくれる感じです。とはいっても普通にエントリーから面接は自分でやらないといけないです。

 

Q.就職にあたってどんなサポートがあったんですか?

Y. Iさん

まず卒業後どうしたいか?みたいな面談があって、そこでエンジニアとして就職したいです!という話をしました。そのあと、いくつか企業リストみたいなのをもとにこんな会社、年収レンジというのを話して、じゃあここら辺かなみたいな。あとはエントリーシートの書き方だったり、面接で何話すか?みたいなことを面談で相談に乗ってもらいました。

 

Q.サポートの質はどうでしたか?

Y. Iさん

普通によかったですよ。もともと面接とかそんなに苦手意識はなかったのですが、エンジニアとしての就活はもちろん初めてで、わからないことをなんでも聞ける雰囲気でした。就活に不安があるなら、積極的に相談しにいくのがいいと思います。校長も結構そこは前向きに時間とってくれるらしいです。

 

Q.未経験エンジニアとしての就活はどうでしたか?

Y. Iさん

最初はかなり大変でしたねー。向こうも未経験から、というのは理解いただいているとはいえ、技術的な話とか結構テンパりましたw でも事前にメンターさんと「話すポイント」みたいなのを決めてたんですよ。それをほぼ暗記して、いい感じに話そう!みたいな。それを絞っていたので、当日もそれを話していくだけでよかったです。

 

Q.Tech Boostさんが紹介する企業はどんなところが多いのでしょうか?

Y. Iさん

結構様々な企業だったり業種があったと思います。名前の知れたところもいくつかありますが、そのぶん難易度が高いみたいです。当たり前ですが。Tech Boost経由で就職した人は何人かいますが、たいていはSIerやSESとかで、自社開発が少しいたくらいですかね。

 

 

結論、こんな人にオススメ!

key-points-image

仕事しながら学習できる柔軟なカリキュラムが必要なひと

 

Tech Boostは他のスクールに比べるとメンターさんの質も高く、また料金も比較的おトクです。そして何より通学とオンラインを選べるので、働きながらで時間がとれないというかたでも使いやすいのがいいですね。他のオンライン可能なスクールに比べると、メンターさんの対応やスピードも早いようです。

 

一方で、就職メインで考えるのは微妙のようです。つまり、就職したいからここに通う!というのではTech Boostよりも他のスクールの方がいいかもです。就職メインのスクールの場合、受講料が無料のスクールの方がトータルではサポートが良いようです。就職メインで考えている方は以下の記事がオススメです。

 

dirrent-image

【就職ノウハウ公開】転職特化のおすすめプログラミングスクール口コミ比較

2019年7月3日

 

エンジニア就活はここに気をつけたい

ここ1,2年でプログラミングスクールが乱立し、未経験からエンジニアに就職したり、フリーランスになる人も少し前に比べるとかなり増えています。その一方で、質の低いエンジニアをたくさん生み出すスクールもあります。その責任はスクールにもありますし、受講生自身にもあると思います。仕事でしっかりと結果を出せる人材が求められています。そしてその傾向は今後も高まると思われます。コードが書ける、だけでは不十分になっています。コードが書けるのはあたりまえで、自分で成長していけること、そしてプラスαの価値を出せる人が今後もっと必要になります。

 

じゃあ、Tech Boostはその点はどうか?というと、コードが書けるというところに関しては問題ないと思います。そして、その後の自分で成長する力に感してはスクールを利用する側が手厚いサポートを利用しながら、自分で工夫するしかないと思います。その環境がTech Boostには十分にあると思いますので。

 

Tech Boost公式サイト

最後に、Tech Boostでは上記のようなキャンペーンを提供しています。これを使ってもっとおトクに利用しましょう!!